保険代理店の皆様へ

 M&Aが活発化し、人材が流動化する保険代理店では、ホームページによるブランディングの重要性が増しています。

 保険代理店が自社のホームページを公開するときに問題となるのが、保険会社による募集文書としての審査です。

 募集文書とは、保険契約の締結または保険募集のために使用する文書をいいます。

 保険商品名や保険会社名のみを記載する場合には募集文書には該当しませんので、募集文書に該当するような表記を避けるのも選択肢の一つです。

 名刺代わりのホームページを制作したい方には、募集文書に該当するような表現を避けてスピーディな公開を目指すことをお勧めしています。

 集客力の高いホームページを作成したい方には、日本損害保険協会のガイドラインなどを踏まえて、募集文書として申請することを前提としたご提案が可能です。

 募集文書に該当するかどうかの判断は保険会社によって異なり、厳しく判断される場合もあれば、比較的容易に募集文書ではないと認めてもらえる場合もあります。

 募集文書に当たらない場合であっても、保険会社や商品のロゴなどを掲載する際には保険会社への確認が必要となります。

 保険業特有の法律以外に、広告を規制する一般的な法律である景品表示法なども問題となります。

 タクミでは、これらの法律に抵触することがないように細心の注意を払いながら保険代理店のホームページを作成しています。

各業界の規制法や広告に関する法律に対応したホームページや記事の制作は福岡の株式会社タクミにお任せ下さい

PAGE TOP
MENU