薬機法に対応したホームページ制作

ヘルスケア分野と薬機法

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器等を取り扱うホームページを作るときに必ず知っておかなければいけないのが「薬機法」と呼ばれる法律です。

2021年8月からは薬機法に違反する広告に対して売上の4.5%の課徴金が課されることになり、法令遵守の必要性は高まっています。

薬機法は、医薬品等の品質、有効性と安全性を確保し、これらを使用したときの危害の発生と拡大を防止することを目的とした法律です。

対象には医薬品のほか、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品が含まれます。

特に注意が必要な「広告規制

薬機法は医薬品等の製造、販売から市販後の安全対策までを幅広く規制していますが、ホームページを作成するときに注意が必要なのが広告規制です。

その代表例に虚偽・誇大広告があります。

たとえば化粧品を使用することにより、「シワを消える」あるいは「シワを防ぐ」といった効能効果があることを標榜する広告は、化粧品の効能の範囲を逸脱するものとして薬機法違反となります。

そのほか、医療関係者等が商品やサービスを推薦しているコメントを使用することも消費者の認識に相当の影響を与えるとして原則として禁止しています。

薬機法に強い制作会社にお任せください

株式会社タクミは弁護士が代表者を努めており、広告法務に精通した法律事務所と連携して、薬機法に対応したホームページ制作を行うことができます。

医薬品等を取り扱うホームページを制作したいとお考えの業者様は、是非株式会社タクミにご相談ください。