狩猟型マーケティングと農耕型マーケティングにおけるホームページ制作の違い

はじめに

マーケティング手法には「狩猟型マーケティング」と「農耕型マーケティング」の2種類があります。

今回は、マーケティング手法によるホームページ制作の違いについて解説いたします。

狩猟型マーケティングと農耕型マーケティング

狩猟型マーケティングとは、獲物を狩るように、自社のターゲットに積極的にアプローチする手法をいいます。

効果が出るのが早い一方で、競合との顧客の奪い合いになりやすく、売上を維持するためには常に仕掛け続けなければならない点がデメリットです。

これに対して農耕型マーケティングとは、農作物を育てるように、ターゲットとの関係性をじっくり構築する手法をいいます。

成約までに時間がかかる一方で、一度成約すればその顧客は長期にわたって売上を生み、紹介も得やすい点がメリットです。

一般的に狩猟型マーケティングはBtoC、農耕型マーケティングはBtoBのビジネスと親和性が高いと言われています。

マーケティング手法とホームページ制作

ホームページ制作において重視すべきことは、どちらのマーケティング手法を取るかによって変わってきます。

狩猟型マーケティングにおいては、ホームページを訪問する主な層はリスティング広告やSEOによってホームページに流入するユーザーです。

このようなユーザーは競合他社のホームページと比較検討していることが多く、自分が必要とする情報がないとわかったらすぐに離脱する傾向にあります。

そのため、図表やイラストを駆使して自社の強みをわかりやすく伝え、取引の流れをイメージさせてスピーディに商談に繋げる必要があります。

一方の農耕型マーケティングでは、ホームページは中長期的に自社のファンを育てるためのツールの一つとして機能します。

セミナーや名刺交換によって繋がった顧客にメールマガジンを配信するなどしてホームページに誘導し、自社の強みやサービス内容をじっくりと伝えることが重要となります。

一見してわかりやすいデザインよりも、ユーザーを自社のファンにするようなコンテンツを提供するのがよいでしょう。

最後に

このように、ホームページは漫然と作るのではなく、自社の顧客を開拓していくためのマーケティング手法に則して設計する必要があります。

狩猟型マーケティングと農耕型マーケティングのどちらを選ぶのか、ターゲットは個人なのか法人なのか、ホームページを中心に集客したいのか、他の集客ルートがメインなのか。

株式会社タクミでは、WEBマーケティングに精通したスタッフが貴社のビジネスや集客方法についてヒヤリングを行った上で最適なプランをご提案します。

ホームページ制作業者をお探しの方はお気軽にご連絡ください。